No.
09
Name
Shinsuke Nakada
Director
Profile
1977年生まれ。
幼少時代から両親の影響でアメリカンライフスタイルの洗礼を受けながら育ち、40年以上ファッションのコトしか考えてこなかった人生。BEAMSのメンズカジュアルのディレクターを本業としておりますが、こちらでは個人活動としてとってもパーソナルで小さな"コダワリ"をご提案できれば、と思います。

instagram:@nakadashinsuke
Dec. 09, 2020

Profile No.2 クワバラケンタロウ (LOOPS)

 尊敬するディレクター:

loops.,inc.

director

Kentaro Kuwabara

 

 

 

 

元同僚、今は独立して様々なブランドのディレクションや個人活動し大成功しているご近所さん。

 

前BEAMS Tのディレクター。僕がBEAMS PLUSのディレクションを行いながらBEAMSのメンズカジュアルのバイイングをおこなうタイミングで深く繋がるようになりました。

 

当時はかなり縦割りがしっかりとしていたカジュアル部隊でしたが、どうにか横断するプロジェクトを行いBEAMSの面白さを市場にアピールしたいと思っていたタイミング。

 

いつも新しいコトを起こすときは、彼がTチームを率いていつも全面バックアップで様々なイベントを成功させてくれました。

 

 

彼のフレキシブルな考えや、皆を導く求心力にどれだけ助けられたことか。。。

 

昨今のBEAMS Tの発信力の高さは彼の尽力なくして語れない感じなのです。

 

何より先を読みながら物事を計画的に進めることのできるスペシャリスト。

 

完璧な仕事ぶりから各アーティーストからの信頼も厚く、巨匠Yusuke HanaiくんやNaigel Graphさんの影武者としても活躍しています。

 

一度彼と仕事をすればそのコンピューターのように正確な仕事ぶり、その反面、普段は適当なフリをしながらいつも面白い事ばかりを考えており、現場は笑いに包まれるそのキャラクターに一撃され、その後も依頼を続ける方々が多いのも納得です。

 

 

もちろんビームスチームも様々彼と仕事をしています。

 

収入の差は広がるばかりです。。。w。

 

 

 

 

同い年で今では住んでいる場所も鎌倉、徒歩5分の場所に住んでいるご近所さん。(サーフィン始めたのも鎌倉に住んだのも僕が早いから僕のが先輩w。)

週末となれば必ず顔を合わせるほど、公私共々仲良くさせていただいております。

 

 

そんな彼がBEAMSを独立すると聞いた数年前、まあかなり落ち込みました。。。

 

でもそれと同時に何か個人的に一緒に出来ないかと日々考えており、やっとこのプロジェクトで取り組みができることに!

 

 

今回、

重ね着が大好きな僕のために最高なアイテムを作ってくれました!

 

 

何より彼と個人的に仕事ができるということは嬉しい。ゆっくり細々とだけどしっかりやっていきたいなあと。。。

 

 

そのお話は、また詳しく。。。