No.
12
Name
Takuya Mitsuki
editor / Begin magazine editor in cheif
Profile
1977年生まれ。2000年に㈱ワールドフォトプレス入社。モノ・マガジン編集部を経て2006年㈱世界文化社に移籍。Begin編集部でファッションを担当し、2017年10代目編集長に就任。これまで、さまざまなジャンル、海外、国内の生産現場を取材し、本当にいいモノは何かを追求している。座右の銘は“中坊マインド”。いつまでも中2のときのようなワクワク感を求め、ヤンチャに各地を飛び回りいいモノ発掘中。
https://www.e-begin.jp/
instagram:@tak.beam
May. 31, 2021

「ビジネスOK!?な軍パン」があったら面白いな~と♪

みんなの「あったらいいな~」を追求するBegin別注。 今回ご紹介したいのは本誌でもお馴染み、 ナイジェル・ケーボンのスラックスです。   最近ではテレワークの普及もあり、 仕事服のカジュアル化が加速する一方。   チノやデニムでお仕事なんてのも当たり前な時代ですから、 「ビジネスOKな軍パン」なんてのも、もはやアリなのでは??   うん、休日はもちろん、仕事も行ける軍パンって新しいかも! ってことで、軍モノといえばのナイジェルさんに ご相談したってワケです。   でも、正直「いや、ありえないでしょ」なんて 門前払いをくらう可能性もなくはない……と、 恐る恐る聞いてみたら二つ返事でOK!   そして逆に提案していただいたのが、 本企画のキモである「チェビオットウール」という素材。 チェビオットという羊種の毛ですね。 でもコレ、本来はガサっとした ツイード生地などに使われる原料。 それがナゼにスラックス然とした生地になるのか。   その秘密が「ファーストカット」、 すなわち生まれて初めての採毛です。   生まれたままの柔らかな毛が梳毛 (スーツなどに用いられる滑らかな糸)紡績を可能にし、 無骨な印象を残しながらも、 スーツライクな品よいタッチの生地を実現したのです。   そのパンツがこちら! ベースとなったモデルは、 もともとブランドでも定番品として展開している 「ブリティッシュアーミーパンツ」。   「1940年代英国のバトルドレスパンツと 1960年代の(アフリカ)ローデシア軍の バトルドレスの折衷デザインです。 ポイントは、軍パンながらマチ付き大容量の カーゴポケットがないこと」   とは、ナイジェル・ケーボンのメインラインを手掛ける チーフデザイナー、ZUKIさん(上のイラスト)の談。   こうしてデザインは完全に軍モノ由来ながら、 素材の妙で「仕事OK!?」なドレッシーさを湛えた ミリタリースラックスが完成したのです!   ということで最後にもう一度、穿いたシルエットを。 手前味噌で恐縮ですが、 いい雰囲気に仕上がっていると思います!   商品ページはコチラ https://store.inventory-iac.com/items/47697     余談ですが、ナイジェル・ケーボンご本人のオスミツキも。  
  “原稿読んでるよね?”感は、まぁご愛嬌ということで(笑)。
May. 21, 2021

ブーツなのにドレッシーに履ける 別注特製オールデンって?

[caption id="attachment_1557" align="alignnone" width="320"] ALDEN誕生130周年記念モデル「ミシガンブーツ」を別注![/caption]   ビギン読者なら知らない人はいないでしょう。 アメリカの本格靴ブランド「オールデン」。 北米の紳士靴を代表するブランドで、その魅力に憑りつかれ、 高級靴にも関わらず何足も買ってしまう人も数知れず。   そんなオールデン沼にハマる理由のひとつが、 モデルごとに存在する名作ラスト(木型)の魅力です。 ドレッシーっだったり、履き心地を追求していたり、 無骨だったり……同じブランドにも関わらず、 さまざまな表情を魅せてくれるのがオールデンの良さなのです。   なかでも、代表的な木型がVANラスト。 デニムに合わせてもスラックスに合わせても たちまちアメトラスタイルが完成するという、 まさにアメリカ靴を象徴するという木型といっても 過言ではないかもしれません。 [caption id="attachment_1561" align="alignnone" width="540"] Begin編集部員下駄箱私物。3足すべてVANラスト。[/caption]   主にローファーに採用されるラストですが、 レンジャーモック(写真右モデル)のように ローファー以外のモデルも隠れた人気を誇っています。   そしてオールデン誕生130年記念として、 約40年ぶりにリリースされた新作モデルこそが このVANラストを採用した「ミシガンブーツ」なのです。   この記念すべきモデルに、長年オールデンを紹介し続けた ビギンとしては黙っているワケにはいかず、 「なんとかスペシャルモデルを作ってもらえませんか・・・?」 とダメ元でオファーしたのがきっかけで生まれたのが このコンビのオールデンのブーツなのです。 [gallery ids="1558,1560"] もとのモデルは無骨なユティカレザーオンリーの仕様ですが、 VANラストのドレッシーさをもう少し引き出したいと、 履き口周りをグリーンスエードに変更。   ソフトな足当たりと、ワークブーツ風ながら ドレッシーなスタイルに合致する万能な靴を目指しました! ゴールデンサイズがまだ僅かに残っていますので、 もし気になったら是非見てみてください。   ※価格は120,450円(税込)と安いわけではないですが、 オールデンの中では比較的買いやすいプライスですよ~。   商品ページはコチラ https://store.inventory-iac.com/items/46925
May. 06, 2021

ハワイの伝統×ニッポンの技術!INにOUTに使えるパーカです♪

インベントリー筆おろしとなりました。   あ~、そんなの欲しかったんだよ〜! めっちゃ使えるじゃん!! の声をいただくべく、 あったらいいな〜な、‟効能のあるモノ“を 企画、販売していきたいと思いま〜す♪   みなさんよろしくお願いいたします。   というわけで、#1は 超絶ベーシックアイテムである 「フードパーカ」のあったらいいな~について。   この時期になると、 ブルゾン、スプリングコート、ジャケットetc... ライトな羽織りモノが主軸となった 着こなしになります。   で、その羽織りモノにパーカをIN! フードがアクセントに。 すばやくお洒落~な“ファストフード"となって、 着こなしに立体感をくれます。   でもね、なんだか近頃、 巷ではビッグシルエットがアラモード。 パーカ買って、羽織りモノにINしても モコモコしちゃって仕込めない〜!!   しかも、ファブリックは 厚手の裏毛が主流ですからね、 単体ならokなんだけど、 大きめシルエットがトレンドとなれば、 厚い生地感と相まって、 余計にINしにくくなっちゃうんだよね~……。   そこで! 今どきのシルエットで羽織りモノにINしても ゴワゴワしないパーカが欲しい! という煩悩を解消すべく作りました♡   まず! 単純にINしやすいように生地を薄くすることから。   厚手の裏毛ではなく、 Tシャツに使われる天竺をチョイス。   ただ薄っぺら〜くならないように ヘヴィウェイトにし、ロンTのように INしやすい&スウェットのような存在感もある! そんなフュージョンなフードパーカに。     そして!! ゴワゴワしない着心地だけじゃなく、 ジャケットINで‟チラッ“が効く! プリントではない、胸元にもこだわっちゃった♡     というのが、 スペインの某高級メゾンとのコラボラグが、 ウン百万で販売され話題を呼んだ工房、 『ポアカラニキルト』の柄を刺繍でON!     でもなぜそんなハワイで伝統的製法を貫く超名門に 柄の使用を認めてもらえたのか??   それは、今回このパーカを別注した ハワイのベーシックブランド 『サルヴェージパブリック』のデザイナーである ジョセフ・セラオ氏がポアカラニファミリーと 親戚関係だったから!     以前、ハワイで取材&会食し、 親交を深めたミツキがダメ元で依頼! すると Amazing!!!! と OKをもらえてしまったのです♪     ちなみにこのサガラ刺繍は、 ポアカラニのアーカイブから 「ラウアエ」(=ハワイのお祝い事に よく使われる植物)という‟ハッピーな柄”を拝借。     日本の着物の生地をハワイで縫製した ハワイアンシャツのルーツのように、 名門のハワイアン柄を日本の刺繍技術で! てな、逆パターンで作っちゃったんです。   ちなみに「ラウアエ」をサガラ刺繍で 表現するのは世界初!     ベーシックな日常着をmore!着やすく、 服好きにたまらん遊び心を添えて。   春めいてきたこの時期 ブルゾンIN&単体でアナタの着こなしに効く! “ハワイ×ニッポン”の新しいベーシック。   ぜひ定番をこよなく愛す方の クロゼットに加えていただけたら。   商品ページはこちら♪ https://store.inventory-iac.com/items/45701