No.
09
Name
Shinsuke Nakada
Director
Profile
1977年生まれ。
幼少時代から両親の影響でアメリカンライフスタイルの洗礼を受けながら育ち、40年以上ファッションのコトしか考えてこなかった人生。BEAMSのメンズカジュアルのディレクターを本業としておりますが、こちらでは個人活動としてとってもパーソナルで小さな"コダワリ"をご提案できれば、と思います。

instagram:@nakadashinsuke
Nov. 20, 2020

Awesome People “One Mile Purse” Mr.タネイチアキラ

元上司 モデル、スタイリスト、プランナーとしてマルチに輝き、 今や、 "タネカジ" でお馴染みのタネイチアキラさん。 One Mile Purse 使ってくれてます! 身長が190cmくらいあるので、より小さく見え、アクセサリーみたいで素敵ですね!   オーサム!         腹が6パックにみえるのは錯覚でしょうか? いずれにせよ、めちゃくちゃカッコ良いから羨ましいですね!   ありがとうございます!   ナカダ  
Nov. 16, 2020

Awesome People “One Mile Purse”Mr.カネコケイジ

皆様、 ブログのご確認、及びご購入誠にありがとうございます! おかげさまで様々嬉しいコメントを頂戴し、とりあえずホッとしております。 到着までもう少しだけお待ちいただければと存じます。 そして、 有難くもinventoryメンバーのカネコケイジさんが早速使ってくれてました! @keiji_kaneko 斜め掛けせずに、長めに首から下げるスタイル、オススメです! サングラスを掛けると凄く雰囲気でますね! 参考にさせて頂きます!! オーサム!!   ●BLACK ⇩商品リンク https://store.inventory-iac.com/items/28103 ●WHITE ⇩商品リンク https://store.inventory-iac.com/items/28504     ナカダ  
Nov. 13, 2020

“One Mile Purse” 使ってみました。

恥ずかしながらもサイズ感や着用イメージの参考になればと思い…。 宜しければご確認ください。 Standard Supply "One Mile Purse" ●BLACK ⇩商品リンク https://store.inventory-iac.com/items/28103 ●WHITE ⇩商品リンク https://store.inventory-iac.com/items/28504  
Nov. 13, 2020

Standard Supply “One Mile Purse”

フジモトタカオさんの愛を語り尽くした後に、今回作らせて頂いたアイテムの説明をば。

    未だに世界を悩ませる"COVID-19"。本当に様々なスタンダードを変えてしまいました...。   その中でも世界が変えたいと思っていたコトをこのタイミングでスムーズに対応できたケースも多々ありましたよね。   そのひとつが"コンビニレジ袋提供の廃止"。グローバルスタンダードで脱プラスチックな動き。オリンピック開催に向けて進めていた案件だったと思います。日本だけは少し遅れていたような...。自分も大賛成。   自粛時間も増え、準備期間もタップリとあったことから、レジ袋からエコバッグに上手く切り替えられた気がします。     でも実際エコバッグを様々使ったり、リサーチしたりとしていると、自分の生活環境に上手くハマらないなぁと感じるようになりました。 そこで閃いたのが、こちらの  

"One Mile Purse"

  恐らく皆様もちょっとしたお出かけで、こういったケースがあったかと。   ●オフィスワーク中、飲み物やちょっとしたお菓子を買いに手ぶらでコンビニへ。密かに大好きな大福買ったけど、ダイレクトに持ち歩くのは恥ずかしいなあw...。ポケットに手を入れると、、、 「あっ、エコバッグ忘れた。」     ●スーパーマーケットで買い物していて、「レジ袋要りません!」アピール後、いざ袋詰めしようとしたら、バッグパックの中からエコバッグ見つからない見つからない...。小さく持ち歩けるコトが逆にバッグの中でも見つからないという事態に。     ●とにかくチープなエコバッグが世に溢れている。グラフィックで表現できるキャンバストートは大好きなんだけどコンパクトに収納出来ない。ナイロンのエコバッグはコストパフォーマンス追求し過ぎて安っぽいモノだらけ...。     それなら、 ファッションを楽しむことができアクセサリー感覚で使え、"ちょっとだけ" 主張のあるエコバッグ作りたい!と思い、 早速フジモトさんに相談へ。 悩みと改善策をミーティング。   ▲首から下げられる。パラコードが長いから斜め掛けも可能。めちゃくちゃ小さいからちょっとしたアクセサリー感覚で使えます。あれ、ちょっとこの斜め掛けしたときのバランスがめちゃくちゃ雰囲気良い!これで、いつも身につけてるから持ち忘れなくバッグパックを探し回る必要もなく使用可能です。   ポーチから中を広げると、 ▲レジ袋のXSサイズのトートバッグが顔を出します。このサイズ感が重要。ジュース、サンドイッチ、おにぎりなど、チョットした買い物が多いオフィスワーカーの方々や、デザート、お菓子を買う奥様方にも、このサイズが欲しかった!(中田の周り調べ)と。大は小を兼ねる、間とって中だろ、的な考えが多いなか、この最小サイズ、ありそうで意外に無い。これがコダワリのサイズなのです。 ペットボトルを隣に置くと、かなり小さめなサイズ感が分かるかと。     ▲敢えて巾着部を内側に隠さずに表面に配し、デザイン的なポイントと小さなポーチとして使用できるようにアレンジしました。かわいいでしょ?     ▲本体底にステッチをかけマチを取ることによって入れた物が傾きにくくなっています。こういう使用したときの気の利き方がフジモトさんの真骨頂!ステッチワークなど、とても考えられててバランスが良いです。   ▲素材はフジモトさんが素材感、強度含めて太鼓判を押すナイロン66のタフタを使用。環境に優しい非フッ素系樹脂で撥水コーティングされてます。裏側はシレー加工を施してあるので、サラリと買ったモノを入れることができます。   ▲もちろん手洗い可能。食材入れるし、対ウイルスにも慎重になってるから使ったら洗いたいですよね。もちろんナイロンなので乾きも早い。     ▲逆側にはシンプルにSTANDARD SUPPLYのロゴのみを配してます。 それで出来上がったとってもパーソナルな悩みを解決したエコバッグ、 "ご近所用巾着"="One Mile Purse" 完成致しました。     色は、 みんな大好き ●BLACK ⇩商品リンク https://store.inventory-iac.com/items/28103   と、   僕の大好きな色で、レジ袋オマージュの ●WHITE ⇩商品リンク https://store.inventory-iac.com/items/28504   の2色でスタートします。     早速他の色のリクエストが周りからありますが、とりあえずこちらを大事に販売していきたいと思います。   是非オンラインをチェックしてみてください!   熱いプロダクトへの思いのブログ、終了!   駄文にお付き合い頂きありがとうございます!       ナカダ    
Nov. 13, 2020

Profile No.1 フジモトタカオ (Standard Supply)

尊敬するデザイナー:

evergreen works,inc

 "arts and crafts" "standard supply"   designer Takao Fujimoto  

僕を袋物(Bag,Pouch)の世界にドップリとハマるきっかけを作ってくれた人。

DIGすることの楽しさを教えてくれた人。

機能美のカッコ良さを体現してる人。

とにかく職人肌で、兄貴肌。

西郷どんみたいなヴィジュアル、九州男児感満載の男らしさ。

     

でも、その顔はいつも笑顔で、最近ハマってる小物や、道具、細々としたオブジェクトを楽しそうに語る。過去藤本さんがハマっていたモノといえば、

 

自転車・・・Alex Moulton(フレーム、構造における究極の美しさ、男の夢)を見せてくれた時は感動。

 

キーホルダー・・・ギミックやアイデア、トリックの宝庫、100円のオモチャからHermesの職人芸までハマって抜けられてない様子

 

文房具・・・この部門で何か迷ったら必ず相談します。とにかくなんでも買って試してきた人。回転式シャープペンシル、ペーパーナイフにクリップ、メジャー、ノートやメモ帳までワールドワイドにありとあらゆる物を所有。タイポグラフィの美しさから、機能、書き心地、様々な観点からアドバイスくれます。

 

そして何より、

 

バッグ・・・収集癖の最終形態、バッグだけの倉庫を持ってるらしい。以前70年代前後のアウトドアバッグを見せて欲しいとリクエストしたところ、尋常じゃない量の私物を見せてもらったことがあります。

画像以上に莫大にサンプルを保有してますw。   "収納し、運ぶ" 道具であるバッグ。 そのシチュエーション毎にベストなパフォーマンスを発揮するため、様々なデザイン、機能を学んできたようで、とにかく袋物に財を投じてきた人です。   ●時計・・・手を出したら自己破産するから見ないようにしてる。と言っていたw。    

以前一緒にロサンゼルスオックスナードベンチュラの道具探しの旅に行ったことがあるのですが、立ち寄る場所立ち寄る場所で何か道具を探して、とにかく買いまくり、楽しそうに琴線に触れたポイントや、歴史的、地理的ウンチクを話してくれ、本当に楽しかったことを覚えています。

 

僕は各都市のアウトドアショップ、文房具店などに行くと必ずレジ前コーナーを漁ります。それはこの人の影響をモロに受けているからなのです。

   

スモールオブジェクトには男のワクワクが詰まっている。それを教えてくれた先生。

 

ディテールフェチで、蘊蓄王。数十年道具の世界に傾倒してきたからこそ、実際に買ってきて、触って、使ってきて、検証してきたからこその絶対的な審美眼。

 

フジモトさんがデザインするアイテムは表面上あまり語らない見え方なのですが、使い始めると"気持ち良い""ちょうど良い"が随所に感じられます。それは巧みに計算された黄金比のサイズ設計、欲しいところに無駄なく配されたディテールワークか施されているからなのです。

 

シンプルな中に、確かな奥行きを感じる商品達。

そして何より細かい仕事に魅了されます。

   

先ずは経年変化を楽しむことができる素材選び、的確な部材使い、縫製するステッチの美しさ、コバの磨きや裏側の丁寧な仕事など、細かい場所まで拘る姿勢が随所に見られます。

 

そして何より職人さんとのコミュニケーションを密に行い、大事に大事に育ててきたお互いの信頼関係が一つ一つのアイテムの完成度を高めております。愛と人情。男の中の漢。

  フジモトタカオさんの紹介を以前BEAMS PLUSが記事にしてましたのでこちらに。 凄いアーカイブやモノづくりのコダワリが垣間見れます。 https://www.beams.co.jp/special/beamsplus/philosophy/vol14/?lang=ja https://www.beams.co.jp/special/beamsplus/philosop    

自分はこの人の膨大な経験から生み出される研ぎ澄まされたデザイン、愛情溢れる人格に惚れ込み、こちらのプロジェクトのスタートをお願いさせて頂きました。

   

前置き長めですが、

次回商品紹介をさせて頂きますね!

  ナカダ    
Nov. 13, 2020

ナカダシンスケです。

はじめまして。

とっても豪華なメンバーのなか、私の名前をクリックして頂き本当にありがとうございます。

光栄にもこちらのスタートメンバーに選出して頂きましたので、簡単に自己紹介をば。

  1977年生まれの双子座O型。

40年以上ファッション好きで生きてきましたので、洋服以外取り柄無し。

以前フイナムさんのブログにて書かせて頂いた自己紹介がこちら。

https://b.houyhnhnm.jp/nakada_shinsuke/2019/07/18/321/    

アメカジ好きで、アメリカンライフが好きで、ベーシックが好きで、色が好きで、機能が好きで、そして何より無駄が好き。

 

アメリカンベーシックな物が好きなのに無駄が好き。

 

その無駄好きが、

"重ね着""レイヤリング"という僕のアイデンティティを形成しているような気がします。

とにかく着膨れするほど服を重ねて色を重ねて生きてきました。

重ね着する為に必要なパーソナルで小さな"コダワリ"があり、そちらをInventoryにてご紹介させて頂ければ、と思います。

   

もちろん、自分1人では何も作れるわけもなく、様々な方のお力をお借りしてモノづくりをしていきます。

 

尊敬してやまないデザイナーさん、愛情溢れる職人さん、才能に惚れたグラフィックアーティストさん等々。

 

彼らにある意味、

 

"宿借り"

 

させて頂き、個人的に最高なアイテムにひと手間加えさせてもらいながら"調子良い"アイテムをリリースさせて頂きます。

   

なんて贅沢なんだ。。。

自分でも楽しみで楽しみでw

   

不定期な更新になるかもしれませんが、是非温かく見守って頂ければと思います。

   

宜しくお願い致します。

   

ナカダ